ビジネスにはもってこいの格安航空券!とってもお得なLCCを利用しよう!

- 安く飛行機に乗れる方法とは?

線で描かれた飛行機

新着情報

●2018/07/18
安く飛行機に乗れる方法とは?の情報を更新しました。
●2018/07/04
格安航空券比較サイトを活用しようの情報を更新しました。
●2018/07/04
早期予約購入割引はおすすめの情報を更新しました。
●2018/07/04
インターネットを使って安く飛行機に乗ろうの情報を更新しました。
●2018/07/04
予約の時期や購入のタイミングで料金は変わるの情報を更新しました。

安く飛行機に乗れる方法とは?

国内を旅行やビジネスで移動する際、飛行機は最も早い手段ですから、多くの人が利用したいと考えているに違いありません。
しかしネックは料金の高さ、そのため多少時間が掛かっても列車やバスを選ぶ人も少なくないのではないでしょうか。
そこでなるべく安く飛行機に乗る方法はないか、ここで考えてみたいと思います。

LCCの魅力はとにかく安いこと

近年、安く飛行機に乗る方法として人気が高まっているのがLCCです。
LCCとはLow Cost Carrierの略称で、格安航空会社のことです。
5台の飛行機
無駄を省くなどの経費の節減への徹底した取り組みにより格安な航空運賃を提供しており、日本国内だけでなく世界中でそのシェアを伸ばしてきています。
LCCの魅力は何といっても運賃の安さで、一般の航空会社のそれと比較すると時期や路線によりますが半額程度で飛行機に乗れることも珍しくありません。

だからこそ大いに人気が高まっているのですが、実際に利用する際にはいくつかの注意点があります。
それは、一般の航空会社と同じサービスを期待してはいけないという点です。
たとえば、予約はオンラインが原則で電話や窓口を利用すると手数料が掛かることが挙げられます。
また、機内預け荷物は有料ですし機内持ち込み荷物の大きさ、重さの規制も非常に厳密で少しでもオーバーすると追加料金が発生します。
他にも機内食やドリンク、機内エンターテイメント、毛布の貸し出しなどにお金が掛かります。
これらはすべて「無駄」を省くという点から行なっていることで、そのおかげで安い料金で利用できるのです。

一般航空会社なら「早割」

次に挙げられるのが、早期予約購入割引を利用する方法です。
これは搭乗日より早めに航空券を予約・購入することで通常運賃より大幅な割引を得られるサービスで、航空会社によって「旅割」や「早得」など呼称は違いますが、一般的には「早割」として知られています。
時期や路線によって割引率は異なりますが、通常運賃の半額は当たり前、中には8割ほどの割引を受けられるケースもあります。
路線数の少ない天草エアラインなどにも早割がありますので注意深く探ってみるといいでしょう。
「早割」の受け付け開始は2か月くらい前から前日まで実施していることが多いですが、割引率が高いのはとにかく「早め」です。
その中でも28日前と21日前とでは大きく割引率が変わるので、1ヵ月前をめどに購入するのがおすすめです。

ただし、早割は予約の変更はできません。
そのため変更する場合には一旦予約をキャンセルして新たに別便を予約し直さなければならず、そのうえキャンセル料が運賃の半分程度と非常に割高なことを念頭に置いておく必要があるでしょう。

チケットショップで購入しよう

チケットショップ、いわゆる「金券ショップ」では格安航空券が入手できます。
チケットショップというと商品券やギフト券などばかり扱っているイメージを持っている人も多いかもしれませんが、最近では格安航空券や新幹線の回数券などをメインに扱うところが増えています。
ここでは通常運賃の半額程度で購入することも可能ですが、必ずしも自分の希望する便のチケットが販売されている保証はありません。
特に多くの人が飛行機を利用する時期や人気の路線は、売りに出されるとすぐに売り切れてしまうことが多くなかなか手に入らないのがネックです。

「セットプラン」でお得に

この他には、航空券と宿泊施設をセットにして販売する「セットプラン」を利用するのもおすすめです。
航空会社や旅行会社が提供しているもので、この2つを別々に手配するよりも割安な金額で利用することができます。
オプション扱いで別料金が掛かることもありますが、フライトを変更したりホテルを変えるといったアレンジも可能です。

このように安く飛行機に乗る方法はいくつかあるので、自分に合ったものを選べばいいでしょう。
普通運賃で飛行機の乗るなんて、バカバカしいですよ。