年末年始に安く飛行機に乗る方法

- 年末年始に安く飛行機に乗る方法

線で描かれた飛行機

年末年始に安く飛行機に乗る方法

1年中料金の変わらない新幹線とは異なり、国内の飛行機は時期やフライト時間、曜日、さらには予約・購入のタイミングによっても運賃が変わります。
高めの料金設定になっているのは利用者の多いときなのですが、特に利用者が集中する年末年始は割高感が増すうえに混雑も激しくなかなかチケットが取れないという人も少なくないようです。

年末年始の早期予約購入割引受け付け開始は8月から

年末年始になるべく安く飛行機を利用したいとチケットショップなどで格安航空券を探している人も多いかと思いますが、この時期のチケットはすでに売り切れてしまって思うように手に入らないことも珍しくありません。
そんな年末年始でも安くチケットを購入できる方法があります。

それが「早期予約購入割引」を利用することです。
早期予約購入割引とは一般の航空会社が提供しているサービスで、航空会社によって「旅割」「特割」などと名称が異なりますが、搭乗日より早めにチケットを予約・購入することで通常運賃の半額、場合によっては8割ほどの格安料金でチケットが入手できるというものです。
「早め」に予約・購入するとはいえ、航空会社によって受け付け開始は異なりだいたい2カ月前からで、特別割引を提供するものでも75日前が一般的です。

しかし、利用者の多い年末年始は特別な対応を行ない、毎年8月末から販売を開始する航空会社が多いようです。
またLCCではさらに早くから販売しているケースも見受けられます。
利用者が多く入手が困難な年末年始だからこそ、早めに手配・購入できる早期予約購入割引を利用してお得にチケットを手に入れたいものですね。

購入の際には2つの注意点がある

ただし、このチケットは激安価格を提供しているためにいくつかの点で注意が必要です。
まず、予約の変更ができません。
そして変更をするのであれば一旦キャンセルして新たに予約をし直す必要がありますし、その際のキャンセル料が非常に割高で運賃の半分程度にもなります。
そのため、予定の変更の可能性があるなら購入の際には気を付けたほうがいいでしょう。

さらに、早期予約購入割引で提供される座席数は決して多くありません。
そのため、いくら早めに販売開始されてもやはり利用者が多いのですぐに売り切れてしまうケースもあります。
早割の発売は8月末から行なわれますが、まだまだ年末の予定など立てようという人は少ないことでしょう。
けれども、1年のうち最も混みあう年末年始は早くから予定を立ててそれを確定し早めにチケットを予約・購入することが安く飛行機を利用するポイントです。

関連記事: