早期予約購入割引はおすすめ

- 早期予約購入割引はおすすめ

線で描かれた飛行機

早期予約購入割引はおすすめ

国内でなるべく安く飛行機を利用したいと思った場合、考えられる手段はいくつかありますが、そのひとつが「早期予約購入割引」を利用することです。
搭乗日より早めに予約・購入することで通常料金よりも大幅な割引価格で航空券が手に入る優れモノのサービスです。

「早割」でお得に

航空会社によって「旅割」や「特割」などとも言われますが、一般的には「早割」と呼ばれていることの多いこのサービスは、一般の航空会社が提供しています。
割引率は半額程度から80パーセントほどまでとかなりお得なので、ぜひ利用したいものですね。
「早ければ早いほど安い」のが基本で、特に割引率の高いものなら出発の75日前から受け付けを開始するものもあります。
その後は日数に応じて割引率は下がっていくのですが、28日前までとその次の設定である21日前までとは大きく割引率が変わります。
したがって早期予約購入割引を利用してチケットを購入するのであれば、1ヵ月前をめどにするのがいいでしょう。
もちろん安く購入したからといってサービスなどが劣るということはありませんし、購入時期によってはLCCより「お得」に入手することも可能です。

キャンセル料の高さに注意

飛行機の絵柄
ただし、早割で購入する際には気をつけなければならないことがあります。
そのひとつが、日程の変更が不可であるという点です。
ですから、日程を変更するのであれば一旦予約をキャンセルして新たに別便を予約し直さなければなりません。
そしてその際のキャンセル料が運賃の半分程度と非常に割高になるケースもあります。
料金が安く設定してある代わりに、こういったリスクがあるというわけです。

さらに、キャンセル料もまた早めに手配すればするほどキャンセル料は少なくて済みます。
航空会社によって早割の対応は異なるので、各社のホームページなどで確認することをおすすめします。
チケットの安さをとるか、万が一の場合のキャンセル料を支払うリスクをとるか、状況にあわせて手配するのがいいでしょう。

キャンセルの内容によっては考慮してもらえるかも…

けれども、キャンセルする場合でも理由によっては多少考慮してもらえることもあるようです。
病気や怪我などで飛行機に乗れない場合には、サポートセンターに相談してみましょう。
たとえば病気になった場合なら、そのために飛行機の利用ができない旨の記載された医師の診断書を提出すれば特別な対応をして貰えるかもしれません。

安く飛行機に乗るというとLCCを利用したり格安航空券を購入することばかりを考えがちですが、早期予約購入割引もおすすめの手段のひとつなのです。

:次の記事 →