予約の時期や購入のタイミングで料金は変わる

- 予約の時期や購入のタイミングで料金は変わる

線で描かれた飛行機

予約の時期や購入のタイミングで料金は変わる

国内を旅行やビジネスで移動する場合、最も早い手段は飛行機ですよね。
ただし早さと掛かる料金は比例しているので、支出が最も大きいのも飛行機となります。
とはいえ、なるべく安く飛行機を利用したいと誰もが考えていることでしょう。

LCCか、一般の航空会社か

飛行機にできるだけ安く乗りたいと考えたとき、多くの人が航空会社選びが頭に浮かぶのではないでしょうか。
飛行機を利用する際には格安航空会社であるLCCもあれば、ANAやJALなどの一般の航空会社もあります。
一般的にはLCCのほうが安いといわれていますから、とにかく安く飛行機に乗りたいという人はLCCを選択するといいでしょう。

ただしLCCは一般の航空会社と異なり、いろいろな面にデメリットを感じる人も少なくありません。
たとえば、座席幅が狭い、機内食やドリンクサービスは有料、機内預け荷物にもお金が掛かるなどなど、いくつかの点が挙げられます。
そのため多少高くてもLCCより一般の航空会社を利用したいと思っている人も少なくないようです。

タイミングや時期も重要なポイント

しかし、チケットの価格は航空会社だけで決まるのではなく、予約のタイミングや購入する時期によっても大いに異なります。
タイミングに関しては、搭乗日より早めに予約・購入することで通常運賃より大幅な割引を受けられる「早期予約購入割引」があります。
これで購入すれば、路線や時期によっては80パーセントほどの料金で格安航空券が手に入ることもあるほどです。

季節、時間、曜日も考慮しよう

時期は季節やフライト時間、曜日に大いに関連しています。
運賃の最も高いのは、年末年始、卒業旅行シーズンの3月、ゴールデンウイーク、夏季休暇シーズンの7~8月です。
したがって、これら以外の時期であれば割安に飛行機が利用できるというわけで、特に年末年始明けの1月下旬から2月、梅雨時期の6月、9月の連休明けで年末までの端境期になる10~11月が比較的安いといえます。

フライト時間は現地に到着してその日に時間の余裕のある午前中の便は人気が高いので運賃も高めの設定になっています。
一方、空港までの移動に公共交通機関のない早朝や到着しても現地で時間的余裕のない夕方の便などは比較的安めです。

また、金曜や土曜のフライトは高め、日曜や月曜は安めの設定になっています。
つまり、利用する人の多い時期、時間帯、曜日は運賃は高く、少ないときは安い設定というわけです。
ある程度自由に予定が組めるのであれば、こういった点も考慮すれば飛行機代が節約できるかもしれませんね。

関連記事:

    None Found